御岳ひぐらし日記

フェリーグライドインストラクターの工藤が、カヤックのこと、ツーリングのこと、御岳渓谷の日々の出来事、奥多摩の観光情報などを綴ります。

カヌースラローム日本選手権大会


DSCN0803

DSCN0813

今年の日本選手権は2016年ブラジルで開催されるオリンピックの日本代表選手候補を決めるとても大事な試合であり、例年にもまして代表候補となる有力な選手には緊張が強いられる大会となりました。

男子C1(シングルブレードで漕ぐカヌー)は世界のトップ10に入る実力を持ち、大会10連覇で日本では今や敵なしの羽田選手が実力通りの漕ぎで見事大会11連覇を果たしましたが、男子K1と女子K1は誰が勝つかわからないドキドキの展開でした。

男子K1はロンドンオリンピックで9位の成績を残した後、国際試合は引退してお坊さんになった矢澤一輝選手が、神がかったとしか言いようのない漕ぎで圧勝。

オリンピックを目指していた当時ほどは練習をしていないはずにもかかわらず、力みのない漕ぎで流れとケンカせずに滑るようにカヤックを走らせ、他を圧倒してしまいました。

2位は現役では頭一つ抜け出している実力者足立和也選手。

危なげのないスムースな漕ぎで日本代表を確実なものとしました。

3位はかつてNHK杯を7連覇した佐々木翼選手、4位は37歳中年の星、安藤太郎選手。

オリンピックを目指し御岳でまた海外で日夜練習に励んでいた吉田拓選手、金谷徹選手は残念ながら痛恨のミスで日本代表の座を射止めることが出来ませんでした。

緊張や力みがわずかながら漕ぎを狂わせてしまったのかもしれません。

女子K1は北京オリンピック4位、ロンドンでは残念ながら代表の座を逃してしまった竹下百合子選手が落ち着いた漕ぎで1位に。

竹下選手に勝るとも劣らない美しい漕ぎを披露した矢澤亜季選手は、残念ながらペナルティ1で2位に。

3位は荒城祐佳選手。いつもより力みが抜けた漕ぎで大舞台で遺憾なく実力を発揮しました。

竹下選手はキッコーマンに所属しており、会社を含め多くの方々の期待を背負って如何程のプレッシャーを感じていたことでしょう。

期待やプレッシャーを自分の力に変え見事に漕ぎ切ったあとの安堵した笑顔がとても印象的でした。

DSCN0812

2016年のオリンピックまでには、まずは日本がオリンピックに出場出来る枠を獲得しなくてはなりません。

そして誰が日本代表の座を勝ち取るか、今年のスラローム界は熱い1年になることでしょう。

 


フェリーグライドのカヤック体験・スクール

カヤック体験は、初めての方でも安心湖での初心者向けカヤック体験です。

カヤックを「もっと上手に漕げるようになりたい」方にお勧めの、カヤックスクール
流れのある川を安全に漕げる様になるためのダウンリバーコース
スラローム技術を習得するための初級スラロームコースがあります。

スラローム競技 』カテゴリの最新記事

足立選手ワールドカップ第2戦6位入賞の快挙

カヌースラロームのワールドカップ第2戦が6月23日~25日にかけてドイツのアウグスブルグで行われました。男子K1(カヤック1人乗り)の日本...

ジャパンカップ最終戦今年も御岳渓谷で開催

2016年のカヌースラローム及びワイルドウォーターのジャパンカップ(公式戦)の最終戦が10月22日(土)10月23日(日)の両日、多摩川御岳...

2016年カヌースラロームワールドカップ最終戦始まります

リオデジャネイロオリンピックで羽根田卓也選手が銅メダルを獲得して、一躍話題になっているカヌースラローム競技。オリンピックは終わっても戦いは...

羽根田卓也オリンピックメダル獲得記念・カヌースラローム大会

リオオリンピックでカヌースラローム競技アジア発のメダルを獲得した羽根田卓也選手の名前を冠にしたスラローム大会が、安曇野明科の前川で行われます...

おめでとう!!羽根田卓也選手

リオデジャネイロオリンピック決勝で男子C1(カヌー1人乗り)の羽根田卓也選手が見事銅メダルを獲得しました。リオにいち早く乗り込んでコースに...

リオオリンピック始まりました

スラローム競技の予選が始まりました。地上波の生放送がないのは残念ですが、NHKの動画配信で、生でも見逃し配信でも見られますよ。是非この機...

リオオリンピックはカヌースラローム競技に注目

オリンピック開幕まで2週間。今年の夏も暑い熱戦が繰り広げられるでしょう。その中でも注目の種目がカヌースラローム競技。日本では超マイナー種目...

ジャパンカップ最終戦多摩川御岳渓谷で開催

2015年のカヌースラローム及びワイルドウォーターのジャパンカップ(公式戦)の最終戦が10月24日(土)10月25日(土)の両日、多摩川御岳...