御岳ひぐらし日記

フェリーグライドインストラクターの工藤が、カヤックのこと、ツーリングのこと、御岳渓谷の日々の出来事、奥多摩の観光情報などを綴ります。

奥多摩むかしみち②


DSCN1081

浅間神社を過ぎて山道を暫く歩くと山の中に急に集落が見えて来ます。

こんな山の中腹に集落があるなんてと驚いていたら、舗装された道路が。

なんだ車でここまで上がって来られるのかとちょっとがっかりした途端、道を間違えてしまいました。

むかし道は、左側に折れて再び山に入っていく道でした。

山の中腹から渓谷まで下る山道、逆ルートを辿るとゴール前の結構険しい登り道になります。

山歩きする人にはなんてことない道ですけれど、散歩がてら来た人は、ゼイゼイ言いなが登っていました。山を下ると車も通れる生活道に出ます。

DSCN1075

DSCN1076

ここからは歩くのはずっと楽になります。渓谷沿いの道を暫く進むと綺麗な純白の花がお出迎え。

春の奥多摩は山のあちこちで一斉に花が咲き乱れています。

暫く進むと道所の吊り橋が見えてきました。

林業のための吊り橋で観光用の橋のような華やかさはないけれども、ゆらゆらと揺れる吊り橋を渡るのは楽しいもの、橋の真ん中からの風景は上流側も下流側も絶景です。

カヤックで漕げるかな、漕ぎたいな。思わずチェックしてしまいました。

水量によっては楽しいツーリングが出来そうですが、アプローチ(カヤックと人を下す)に、ザイルワークが必要かもしれません。

DSCN1083

DSCN1084

DSCN1085

DSCN1093

この先、牛頭観音様、馬の水飲み場、縁むすびの地蔵尊、がんどうの馬頭様など見どころが目白押しの地域を歩きます。

写真におさめながら更に進むと多摩川に掛かるもう一つの吊り橋、しだくら橋に辿り着きました。

この橋から下流を見ると、大きな岩が渓谷に所狭しと散乱している荒々しい渓谷が続きます。

寛保2年と明治40年の大水害で多数の巨石が押し流された後とのことですが、伝説ではしだくら谷の大蛇の仕業だとのこと。

伐採した木々を流して運んでいたころは鳩ノ巣渓谷とともにとても危険な難所だったと言われています。

小河内ダム放流時にこの渓谷をカヤックで下ったら・・・、ここはちょっとやばい難所ですね。想像しただけでドキドキしてしまいました。

DSCN1088

DSCN1090

しだくら橋より先は次回のブログで。


フェリーグライドのカヤック体験・スクール

カヤック体験は、初めての方でも安心湖での初心者向けカヤック体験です。

カヤックを「もっと上手に漕げるようになりたい」方にお勧めの、カヤックスクール
流れのある川を安全に漕げる様になるためのダウンリバーコース
スラローム技術を習得するための初級スラロームコースがあります。

奥多摩・青梅観光 』カテゴリの最新記事

2020年御岳山のレンゲショウマ開花情報(7/28更新)

今年の梅雨は雨がよく降ります。そして長いです。晴れる日がほとんどないのでレンゲショウマの開花もかなり遅れているようですが、そろそろ咲くのでは...

2020年奥多摩・青梅の蛍情報(6/17更新)

6月8日の梅の公園を確認した際はまだ1匹も確認出来ませんでしたが、今日あたりそろそろ見られるのではと思い、小雨の中チェックに行って来ました。...

B29?謎の看板の正体

近所をトレーニングがてら散歩していたところ、柚木付近の吉野街道沿いに怪しげな立て看板を発見しました。B29入口?無造作に書かれた文字に興味を...

GW中の奥多摩町及び青梅市観光駐車場閉鎖のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、不要不急の外出は控えるように国からの要請が出ています。それに伴い奥多摩町及び青梅市ではGW中の観光...

かたくり山のカタクリの開花(2020年)

今年は暖冬で春の訪れも早いですね。流石にカタクリはまだ花を付けてはいないだろうと思いながらも念のためカタクリ山をチェックしたところ、入り口脇...

青梅マラソンに伴う青梅街道の交通規制について

今年の青梅マラソンは2月16日(日)です。マラソンに伴い青梅街道の大規模な交通規制がありますので、奥多摩方面にお越しの方はご注意下さい。な...

奥多摩・青梅の紅葉情報(2019/11/29)

今年は10月と11月の初旬が暖かかった影響もあり例年より10日ぐらい紅葉が遅かったようです。奥多摩の紅葉のピークは先週末ぐらいでした。今週末...

奥多摩の紅葉情報(2019/11/8現在)

ここ数日奥多摩ではようやく明け方の気温が5度ぐらいまで下がるようになり、木々の色付きが加速しはじめています。でも、例年に比べて10月、11月...