御岳ひぐらし日記

フェリーグライドインストラクターの工藤が、カヤックのこと、ツーリングのこと、御岳渓谷の日々の出来事、奥多摩の観光情報などを綴ります。

台風19号による多摩川増水情報(10/14更新)


10月14日午後4時20分現在。調布橋水位-1.74m。12日の午後9時10分には+2.46m(氾濫危険水位+1.60m)まで達した水位は思いのほか早く減水しました。

上記の写真は今朝8時過ぎに小河内ダムに行って撮影してきた写真です。多摩川の減水が思いのほか早いので、奥多摩湖は満水状態で下流に水を流さないように頑張ってくれているのかと思いきや、貯水率は92.9%で台風が来る前の貯水率(88%)を5%上回るだけでした。

前回の台風15号の時は貯水率が92%ぐらいまで上がりましたが余水吐きからの放流はありませんでしたので、もう少し放流すると余水吐きからの放流も止まり、多摩川の水位も早く落ち着くと思います。

ダムのない日原川からは白濁した濁流が流れていますが、水量は減っていますので日原川から多摩川への流れ込みも意外と早く落ち着きそうです。

ここからは余談です。台風により川が氾濫するニュースを聞くたびに多摩川も危ないと常々思っていましたが、残念ながら今回は心配した通りのことが起こってしまいました。

今回の台風19号は10月8日(火)の時点で915hPaで日本列島に直撃することがほぼ確定していました。多少台風の進路が変化しても日本列島を包んでしまうぐらいの大きな危険な雨雲が向かって来ていました。

この時点で小河内ダムの水源である奥多摩及び山梨県東部は大雨となることが十分予想できたと考えられます。

10月8日(火)の時点で小河内ダムの貯水率は88%程度だったため、8日ぐらいからある程度大量の放流を始めていれば11日の夜半に本格的に雨が降り始める前に85%(余水吐きゲートの高さ)ぐらいまでは貯水率を無理なく下げられたと思われます。

東京都水道局が余水吐きから放流を開始したのは10月11日の午後からだったようです。

台風19号の影響に伴う小河内ダムからの余水吐よすいはき放流について

奥多摩湖は東京都の水源として、水を貯めることを目的として作られたダムです。利根川水系が渇水になった時に水を供給出来るように高い貯水率を維持することが求められている湖です。

とは言え、ダムは満水になると決壊を防止するために水を流さざるを得なくなります。大型台風で上流域も下流域も大雨により川の氾濫の危険性が高まった時に緊急放流をすればどうなるかは明らかです。

今回の台風19号では、御岳小橋(通常では川の水面より8m以上のところにかかる吊り橋が多摩川の増水により流されました。国道20号が多摩川を渡る日野橋も増水した水で橋が崩落するほどのダメージを受けました。世田谷では越水した水が町に大量に流れ込みました。中小河川は大規模な川が増水すると合流地点で流れ込むことが出来ずに氾濫してしまいます。神奈川県高津区の平瀬川では多摩川への合流地点付近で越水して残念ながら1名亡くなられた方が出てしまいました。

今回の台風で小河内ダムの余水吐きは5ゲート全てを開き放流したそうですが、予め貯水率をもっと下げておけば放流のタイミングを遅らせて下流域の増水のピークが過ぎた後に上流域に降った雨を流すことが出来たのではないかと思います。勿論、多少貯水率を下げたからと言って今回の被害を防止出来たかどうかは専門家でないので分かりませんが。

地球温暖化の影響かどうかは別としても、降雨による大規模災害が激増している近年、従来の対応を継続しても問題がないのか、関係各所は一度しっかり検証して今後の教訓として頂きたく切に願います。

台風20号の接近に備え、昨日10月20日より宮ケ瀬ダムの放流が行われている旨のニュースを見つけました。台風19号の教訓でダム管理の運用が現実に即した柔軟な運用に変わることを期待します。

神奈川・宮ケ瀬ダム放流開始 国交省、台風20号接近に備え

台風第 20 号に備えダムの洪⽔調節容量の確保を進めています


フェリーグライドのカヤック体験・スクール

カヤック体験は、初めての方でも安心湖での初心者向けカヤック体験です。

カヤックを「もっと上手に漕げるようになりたい」方にお勧めの、カヤックスクール
流れのある川を安全に漕げる様になるためのダウンリバーコース
スラローム技術を習得するための初級スラロームコースがあります。

多摩川・御岳・白丸湖情報 』カテゴリの最新記事

奥多摩の紅葉が見頃を迎えました(2019/11/14)

今年の紅葉は例年に比べて遅れ気味でしたが、ここ数日の朝の冷え込みの影響でようやく綺麗に色付いてきました。今日は天気も良く観光日和でした。奥...

白丸湖の水が貯まり始めました

昨晩から多摩川の水位が下がってきたので、小河内ダムの放流もそろそろ一段落かなと想像していました。白丸湖にも水が貯まり始めていないかとダムをチ...

多摩川上流部の水位情報(2019/10/26)

昨日の雨で小河内はまた130mmの降水量を記録しました。台風19号の時は645mmと記録的な降雨量でしたが、その後もまとまった雨が続き10月...

多摩川上流部の水位情報(10/18)

10月18日午後15時30分現在、調布橋水位-2.15m。調布橋の水位計の値は台風19号以前と大きく変化しています。三岩の頭が水面に出始める...

台風19号後の多摩川調布橋水位計表示値の変化について

10月16日午前11時現在多摩川調布橋の水位計は-2.10m。昨日の同時刻は-1.92mでしたので、小河内ダムの放流量に伴い徐々に減水してい...

台風19号による多摩川増水情報(10/14更新)

10月14日午後4時20分現在。調布橋水位-1.74m。12日の午後9時10分には+2.46m(氾濫危険水位+1.60m)まで達した水位は思...

台風19号による多摩川御岳の増水情報

台風19号で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。今回の台風19号では小河内で645mm、御岳で633mmという未だかつてないほどの大...

台風19号の影響で多摩川大増水中

19号による雨で午前10時現在小河内ダム近辺で既に累計270mm程度の雨が降っています。まだ今日の夜中まで14時間程度は大雨が降ることが予想...