御岳ひぐらし日記

フェリーグライドインストラクターの工藤が、カヤックのこと、ツーリングのこと、御岳渓谷の日々の出来事、奥多摩の観光情報などを綴ります。

小河内ダム


DSCN0560

奥多摩観光といえば何といっても小河内ダムと奥多摩湖でしょう。

今や定番の観光地となっていますが、そもそも小河内ダムと奥多摩湖は何の目的で作られたのでしょうか。少し歴史を紐解いてみましょう。

小河内ダムが」最初に計画されたのは大正15年。

当時の東京市会が将来の水道需要増を予想して調査を開始、昭和7年に東京市会で小河内ダム築造計画が決定されました。

しかしその後、神奈川県との水利権調整に手間取り、着工は昭和13年、戦時中は工事が一時中断し、戦後の昭和23年に再開。

着工から約20年後の昭和32年に完成という長きに渡る大事業だったのです。

堤高は149メートル、貯水要領1億8900万トン、当時としては日本最大級、世界でも指折りの大きな水道用ダムだったのです。

長きに渡る過酷な工事で87名の尊い命が失われました。

また、ダムの底には移転を余儀なくされた945世帯家族の住居が静かに眠っています。

過去の多くの人々の犠牲と努力の結果今私たちは安心して東京の水を飲むことが出来るのですね。

DSCN0581

移転を余儀なくされた小河内村の住人のその後の紆余曲折の人生を石川達三が「日陰の村」という小説で描いています。

完成当時は東京の主な水がめであった奥多摩湖も現在では利根川水系と荒川水系のその役割の大半を譲り、東京の約2割の水を担う役割を果たしているとのこと。

大東京はそれだけの多くの水需要があるのです。

小河内ダムと東京の水のことをもっと知りたければ、湖畔にある「水と緑のふれあい館」を訪問して下さい。

受付の綺麗なお嬢さん達が親切に迎えてくれます。

 

【入館料】 無料

http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/pr/okutama/


フェリーグライドのカヤック体験・スクール

カヤック体験は、初めての方でも安心湖での初心者向けカヤック体験です。

カヤックを「もっと上手に漕げるようになりたい」方にお勧めの、カヤックスクール
流れのある川を安全に漕げる様になるためのダウンリバーコース
スラローム技術を習得するための初級スラロームコースがあります。

奥多摩・青梅観光 』カテゴリの最新記事

2019年御岳山レンゲショウマ開花情報(7/24更新)

7月18日。再び御岳山にレンゲショウマの様子を見に行って来ました。7月は昨日の晴れ間以外は毎日降り続く雨で、レンゲショウマの開花は大きく遅れ...

2019年青梅・奥多摩花火大会情報

奥多摩及び青梅で毎年行われる花火大会の情報です。詳しくは各サイトでご確認をお願い致します。①第71回青梅市納涼花火大会開催日時8月...

2019年奥多摩・青梅の蛍情報(7/2更新)

昨年は日向和田の梅の公園では6月5日に現れ始めた蛍ですが、今年は6月5日には1匹も見つけられませんでした。今日(6月11日)、小雨でいかに...

2019年奥多摩の桜開花情報(4/12更新)

4月3日現在の奥多摩の桜の開花状況をお知らせ致します。今日は快晴でしたが北風が強く寒い1日でした。奥多摩湖の桜を見て来ましたが、ほとんどの木...

カタクリ山のカタクリ開花(2019年)

今年もカタクリ山のカタクリが可憐な花をつけ始めました。1週間ぐらい前に見た時は影も形もありませんでしたが、今日久しぶりにチェックしたところ、...

2018年青梅・奥多摩花火大会情報

奥多摩及び青梅で毎年行われる花火大会の情報です。詳しくは各ホームページでご確認をお願い致します。①第70回青梅市納涼花火大会開催日時...

2018年御岳山レンゲショウマ開花情報(7/23更新)

今日7月23日は青梅は40.8℃の酷暑でした。久しぶりに仕事が休みだったため、レンゲショウマの開花状況をチェックに御岳山へ。あまりの暑さに...

2018年奥多摩・青梅の蛍情報(6/14更新)

今年の春は暑かったのでもしかしたらもう蛍が出始めているのではと思い、今日(6月7日)日向和田の梅の公園に蛍を見に行きました。目を凝らすと水...