御岳ひぐらし日記

フェリーグライドインストラクターの工藤が、カヤックのこと、ツーリングのこと、御岳渓谷の日々の出来事、奥多摩の観光情報などを綴ります。

小河内ダム


DSCN0560

奥多摩観光といえば何といっても小河内ダムと奥多摩湖でしょう。

今や定番の観光地となっていますが、そもそも小河内ダムと奥多摩湖は何の目的で作られたのでしょうか。少し歴史を紐解いてみましょう。

小河内ダムが」最初に計画されたのは大正15年。

当時の東京市会が将来の水道需要増を予想して調査を開始、昭和7年に東京市会で小河内ダム築造計画が決定されました。

しかしその後、神奈川県との水利権調整に手間取り、着工は昭和13年、戦時中は工事が一時中断し、戦後の昭和23年に再開。

着工から約20年後の昭和32年に完成という長きに渡る大事業だったのです。

堤高は149メートル、貯水要領1億8900万トン、当時としては日本最大級、世界でも指折りの大きな水道用ダムだったのです。

長きに渡る過酷な工事で87名の尊い命が失われました。

また、ダムの底には移転を余儀なくされた945世帯家族の住居が静かに眠っています。

過去の多くの人々の犠牲と努力の結果今私たちは安心して東京の水を飲むことが出来るのですね。

DSCN0581

移転を余儀なくされた小河内村の住人のその後の紆余曲折の人生を石川達三が「日陰の村」という小説で描いています。

完成当時は東京の主な水がめであった奥多摩湖も現在では利根川水系と荒川水系のその役割の大半を譲り、東京の約2割の水を担う役割を果たしているとのこと。

大東京はそれだけの多くの水需要があるのです。

小河内ダムと東京の水のことをもっと知りたければ、湖畔にある「水と緑のふれあい館」を訪問して下さい。

受付の綺麗なお嬢さん達が親切に迎えてくれます。

 

【入館料】 無料

http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/pr/okutama/


フェリーグライドのカヤック体験・スクール

カヤック体験は、初めての方でも安心湖での初心者向けカヤック体験です。

カヤックを「もっと上手に漕げるようになりたい」方にお勧めの、カヤックスクール
流れのある川を安全に漕げる様になるためのダウンリバーコース
スラローム技術を習得するための初級スラロームコースがあります。

奥多摩・青梅観光 』カテゴリの最新記事

2020年御岳山のレンゲショウマ開花情報(7/28更新)

今年の梅雨は雨がよく降ります。そして長いです。晴れる日がほとんどないのでレンゲショウマの開花もかなり遅れているようですが、そろそろ咲くのでは...

2020年奥多摩・青梅の蛍情報(6/17更新)

6月8日の梅の公園を確認した際はまだ1匹も確認出来ませんでしたが、今日あたりそろそろ見られるのではと思い、小雨の中チェックに行って来ました。...

B29?謎の看板の正体

近所をトレーニングがてら散歩していたところ、柚木付近の吉野街道沿いに怪しげな立て看板を発見しました。B29入口?無造作に書かれた文字に興味を...

GW中の奥多摩町及び青梅市観光駐車場閉鎖のお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、不要不急の外出は控えるように国からの要請が出ています。それに伴い奥多摩町及び青梅市ではGW中の観光...

かたくり山のカタクリの開花(2020年)

今年は暖冬で春の訪れも早いですね。流石にカタクリはまだ花を付けてはいないだろうと思いながらも念のためカタクリ山をチェックしたところ、入り口脇...

青梅マラソンに伴う青梅街道の交通規制について

今年の青梅マラソンは2月16日(日)です。マラソンに伴い青梅街道の大規模な交通規制がありますので、奥多摩方面にお越しの方はご注意下さい。な...

奥多摩・青梅の紅葉情報(2019/11/29)

今年は10月と11月の初旬が暖かかった影響もあり例年より10日ぐらい紅葉が遅かったようです。奥多摩の紅葉のピークは先週末ぐらいでした。今週末...

奥多摩の紅葉情報(2019/11/8現在)

ここ数日奥多摩ではようやく明け方の気温が5度ぐらいまで下がるようになり、木々の色付きが加速しはじめています。でも、例年に比べて10月、11月...